Gifted Gaze
学びの機会を広げよう!
子どもが授業についていけない!家と学校でできる発達障害児の学習支援

不登校、保健室登校や小学校への行き渋りのきっかけは人間関係だけではありません。

特に、小学校1〜4年生くらいの子は、授業についていけないことに苦痛を感じ、学校が嫌になる傾向もあります。

また、その中には発達障害の傾向を持つお子さんも多くいることでしょう。

そこで今回は、心理検査「WISC-Ⅳ」の4つの側面をもとに、発達障害児の学習支援の方法を解説します。

ご家庭でできることだけでなく、学校でもできることもご紹介しますので、先生方もぜひ参考にしてみてください。

発達グレーゾーン記事特集

この記事を書いた専門家

いけや さき


公認心理師、臨床心理士

精神科病院、療育施設、心療内科・児童精神科クリニックなど主に医療と福祉領域にて心理士として従事。発達障害の子どもたちや保護者、女性のメンタルヘルス等のサポートを行いながら、webライターとしても活動中。

ログイン後、無料でお読みいただけます