Gifted Gaze
学びの機会を広げよう!
漢字の壁を乗り越える!漢字が苦手な子どもへの理解と学び方の工夫

「漢字が書けない」「漢字を覚えられない」。

子どもも親もつらくなって、お互いに悲しくなったり、イライラしたり、どうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。

このようなとき、学習障害の可能性を考える親御さんもいらっしゃるでしょう。

漢字を苦手とするお子さんを持つ親御さんにとって、この問題はただの学習の壁ではなく、子どもの将来に影響を及ぼす重大な懸念事項だと思います。

この記事では、漢字が苦手な理由と、それにどう対応すれば良いかを深掘りし、学習障害の可能性と具体的なサポート方法について詳しく解説します。

特に、学習障害(限局性学習症/SLD・LD)と、漢字が苦手なことに悩みを抱えやすい自閉スペクトラム症(ASD)にも触れ、WISCではどんな結果となると漢字が苦手になりやすいのかも合わせて紹介します。

発達グレーゾーン記事特集

この記事を書いた専門家

いけや さき


公認心理師、臨床心理士

精神科病院、療育施設、心療内科・児童精神科クリニックなど主に医療と福祉領域にて心理士として従事。発達障害の子どもたちや保護者、女性のメンタルヘルス等のサポートを行いながら、webライターとしても活動中。

子どもが、漢字を書けない原因を考えたとき、おそらく「学習障害(LD)/限局性学習症(SLD)」の可能性が高いという記事が出てくることでしょう。

ログイン後、無料でお読みいただけます