Gifted Gaze
学びの機会を広げよう!
アートの力〜自信と創造力、そして非認知能力を身につける〜

「アート」をツールとして、子どもたち学びを豊かにする取り組みが最近でも増えてきました。

アート活動は、単に色を塗り分けること以上の意味を持ち、子どもたちの認知機能の発達と、創造性の向上に大きな効果を与えます。そして、子どもたちの知的・感情的なソーシャルスキルの非認知能力の獲得に不可欠で、重要な役割も果たします。

本記事では、アート活動が、子どもたちの成長や学びにどのような素敵な効果をもたらすのか、また具体的な取り組み方についてご紹介します。

アートといっても、絵画や音楽、ダンスなど色々な分野がありますが、ここでいう「アート/芸術」とは、”ものづくり”や”表現”、”鑑賞”というような広い意味での芸術とします。

数学や英語などの学校教育での主要科目と比較すると、アートを学びに取り入れることの重要性を見落としがちですが、実際にはアートは子どもたちの成長に不可欠な要素です。

アート活動を行うことで、学業に限らず、子どもたちの全人的な成長(精神的、身体的、社会的、知的、創造的、共同課題などのスキルの発達を含む)も目指すことができるでしょう。

ログイン後、無料でお読みいただけます